インストラクター養成講座

フードコンシャスネス(味わい)教育は食を通じて五感と心を育む教育です。単なる味覚教育や栄養教育とは違います。当講座はフードコンシャスネス(味わうこと)の本質を理解し、それを普及するための担い手であるリーダーを育成するためのインストラクターを養成する講座です。


受講対象者

食に携わる人(メーカー・小売業、フード・コーディネーター、栄養士、給食、料理教室等含む)、教育関係者、学生、食を通じた教育を実践したい方。


インストラクターの役割

  1. フードコンシャスネス(味わい)教育の理念や考え方、実践方法を広く普及、啓蒙して頂きます。
  2. フードコンシャスネス(味わい)教育を普及する担い手としてのリーダーを育成して頂きます。
  3. フードコンシャスネス(味わい)教育の特徴である体感型教育を通じて五感と心で食を感じることの大切さを伝えて頂きます。

講座プログラム

1日目(10:00~17:30)

  1. 4時間:味わい教育の概要を講義と体験(五感と心)を通じて学び、感じて頂きます。
  2. 2時間:味わい教育のデザイン=アクティビティ等を含めて自分の味わい教育を企画立案して頂きます。

2日目(10:00~17:30)

  1. 企画立案した味わい教育の個人ないしはグループ別発表(実践活動) をして頂きます。
  2. それぞれ発表(実践活動)に対して実践できる具体的な改善提案コメントを致します。
  3. インストラクター認定試験

インストラクターの特典

  1. インストラクターの認定証を発行します
  2. フードコンシャスネス研究所の会員として、活動支援が受けられます。
  3. インストラクターは「リーダー講習会」を開催する資格が得られます。
  4. インストラクターは「スキルアップ講習会」に無料で参加することができます。
  5. フォローアップ学習として、「インストラクター養成講座」を無料で見学ができます。

受講料:32,400円(税込み)


インストラクター養成講座のご報告

インストラクター養成講座 | フード コンシャスネス研究所
〔 2018年02月18日 〕
2018年2月17日~18日インストラクター養成講座を開催しました

〔 2016年02月14日 〕
2016年2月13日~14日インストラクター養成講座が開催されました